• 童貞卒業

童貞が武器になると気づいた瞬間、君はもう童貞を喪失している!

いや、別に「北斗の拳」じゃないです(汗)。 男はだれでも最初は童貞でした。そして、そんな男達をやがてある存在が、2つの種族に分けてしまいます。童貞を捨てた男達と、ずっと童貞の男達に…。そう、男達を分けた存在というのはすなわち女、な訳ですね。

ここを見ているあなたは、おそらく「ずっと童貞の男」であろうと思うのです。もちろん、好き好んで「ずっと童貞」なわけではないことは分かっています。そして、そんな状況を捨て去りたい、童貞を卒業したいからこそ、最後の手段として出会い系に、進出しようとしているのかもしれません。

童貞のあなたが、童貞であることを捨てる手段として、出会い系を選んだのなら、それは非常に正しい選択だといえます。もう、その選択をした時点で、あなたは童貞を捨てたも同然です。 さらに、時間が経つと、きっと「童貞でい続けること」を選択するかもしれません。

なぜならば、出会い系において「童貞であること」は、最強の武器なのかもしれないからです。

童貞という響きに、憧れを抱く女性は意外と多い。男が処女を求めるのと同じ心理だといえばわかりやすい

「童貞はもてる」なんて、突然言われてもピンと来ないでしょう。
それ以前に、「もてない」からこそ、あなたは童貞なのだから。
しかし、それは普段街行く女性たちには、あなたが「童貞」であることがわからないからです。試しに、首から「童貞です」という名札を下げて歩いてみてください。たちまち女性が…。
すみません、すみません。もちろん街中でそんなことはできませんよね。だから、出会い系でするんです。

出会い系なら、童貞であると堂々と看板を掲げることだってできます。

 そうすると、そんな童貞を狙っている、セックス大好きのお姉さまたちが、程度の差こそあれ、あなたの元にわらわらと群がってきます。 これは、男が処女を求めるのと同様の心理といえばわかりやすいでしょう。あなたが、出会い系で経験豊富な男だったら、「処女」と看板をかかげれば、光に集まる虫のようにふらふらと近寄ってしまうでしょう。それと同じことです。

経験豊富な女性ほど、童貞が好きなのです。

何故ならば、童貞を奪うことができれば、その男の人生に消すことのできない、足跡を残すことができるからです。「僕の童貞を奪ったひと…」なんだか、小説の1ページみたいですよね。ロマンチックな女性にとってこれは魅力的です。
だからこそ、経験豊富な女性ほど、童貞が好きなのです。

童貞でいることの素晴らしさを知ったなら、いつまでも童貞と偽っていたくなるーセカンド童貞の始まりー

ここまで、童貞の良さを知ってしまったら、いつまでも童貞を名乗っていたくなりますよね。そんな状態を、セカンド童貞っていいます…。

なんだか、さっきから偉そうに語ってるお前は誰なんだと、そういう声が聞こえて来そうですから、改めて自己紹介を…。

「ちぇりー」と言います。31歳です。 僕自身、出会い系で童貞を卒業することができました。しかし、その後、僕はずっと童貞を名乗っています。つまり、セカンド童貞なんです。いや、いわば童貞を偽ってるわけですから、バレたら怒られちゃいますけど、 僕は「童貞であること」が、女性といいことをするための非常に有効な武器であるということに気がついてしまい、 以来ずっと童貞の皮をかぶった狼を演じているわけなんですよ。

ここまで読んだあなたとしては、じゃあさっそく童貞であるからということを宣言しながら、出会い系に打って出ようとしているのかもしれません。
しかし、上手くいきませんよ、と、先に言っておきます。
もしくは、他の出会い系で、既に失敗してここにたどり着いたのかもしれません。


ただ単に「童貞」を名乗るだけではうまくいきません。例えあなたが本当の童貞であろうと、セカンド童貞であろうと、上手くいかないことは確信できます。しかし、このページに辿りついたからにはご安心ください。今まで僕が培ったノウハウはすべてここでお話しますから。

なぜ、そんなに親切なんだって? だって、童貞が増えれば童貞好きの女性が群がってきて、それを僕がまた頂いたりできるじゃないですか。むふ。

ここを読めば、明日にでも童貞を捨てることができて、尚且つ、いつまでも童貞でいたくなることは確実です。

あきらめずに、がんばりましょう!

published by ちぇりー

童貞卒業に成功した体験談

このページの先頭へ。